無添加石鹸へのこだわり > 石鹸基礎知識 > 合成界面活性剤と石鹸

合成界面活性剤と石鹸

合成界面活性剤と石鹸は何が違うの?


結論から申し上げますと、
化学合成して作られたもの(洗浄剤・乳化剤等)か、石けん成分なのかの違い
です。


要は、『石けん以外は合成洗剤(合成界面活性剤)』なわけです。(一般的に)


これは石鹸、シャンプー、洗剤などの基本的知識ですのでぜひ覚えておいてくださいね!


合成界面活性剤 は、スーパーやドラッグに並べられている合成シャンプーや台所洗剤として、石油を原料とし大量かつ安価に作られることの多い洗浄剤です。(※合成界面活性剤は一般の洗顔料や化粧品の乳化剤等で多用されています)


一方、「石鹸(せっけん)」は、油脂(植物や動物油)を原料に苛性ソーダ(水酸化Na)や苛性カリ(水酸化K)を入れて作られます。出来上がった石鹸の使用感や品質は、原材料だけでなく製法によっても異なります。合成界面活性剤を使用した「複合石鹸」も存在します。 スーパーで安く売っている石鹸ではこの類が多いのですが、一般の方には商品パッケージの表記を見ただけでは判別しづらいのが難点です。


合成界面活性剤と石鹸の違い


合成界面活性剤

  • 石鹸に比べて洗浄力や脱脂力が高く皮膚刺激がやや高め
  • 皮膚バリアを形成する皮脂を取り過ぎ肌のかさつきをもたらす原因のひとつにも考えられる 長期使用で乾燥肌にも?
  • 肌や髪に吸着し水分を外に放出する(内部乾燥=インナードライ 長期使用で乾燥肌にも?
  • 皮膚に残留した合成界面活性剤は、皮膚バリアを壊しながら皮下浸透しタンパク変性の心配も(経皮毒の原因にも)
    石油系合成界面活性剤+化学合成添加物が配合されている洗顔料やシャンプー・洗剤は注意が必要です。
  • 自然界での成分分解に時間を要するものや分解が出来ないものがある(環境悪化の要因にも)

  • ※昨今、若い方に乾燥肌や髪の悩みを抱える方が増えているのは、特に「石油系の合成界面活性剤+化学添加剤配合」商品の長期使用が原因のひとつとして考えられませんか?


石鹸

    イメージ
  • 製造工程で出来るグリセリン(保湿効果)が豊富に含まれてる( 市販の石鹸の多くはこのグリセリンを除去)
  • 洗浄時には脂肪酸イオンが肌に吸着し保湿力を高める( 肌バリアの保護 カリウム石鹸は固形石鹸よりも高いといわれる)
  • タンパク質変性(細胞破壊)の心配はなく、安全性は高く肌・髪・頭皮にも良好
  • ほとんど自然分解され、そのサイクルも早い( 環境負荷が低い)
  • 人にも環境にやさしい製品である


あなたは、石鹸シャンプーと合成シャンプーの違いを説明できますか?


当店で過去に、『石鹸シャンプーと合成シャンプーの違いは何ですか?』というアンケート企画を行いました。

その回答は惨憺たるもの。ちゃんと答えになっている方はごくごく一部の方でした。

ほとんどの 皆さんが、自分の使っているシャンプーの洗浄成分が何か知らないで使っているわけです。

これではメーカーや販売会社にいいように扱われるのは当然だと感じました。今からでも遅くはありませんよ。しっかり覚えて!

界面活性剤を使ってないシャンプーってありますか?


基本的には、“ありません!”。  ご参考まで 界面活性剤不使用のシャンプー

ノンシリコンシャンプー、アミノ酸系シャンプー・・・
「当店のシャンプーは界面活性剤を使用しないアミノ酸系洗浄成分のシャンプーです・・・」

ネットショップの中にはこのような表記で販売しているお店も少なからず見受けられます。

もうおわかりですよね!アミノ酸系シャンプーは合成界面活性剤ですね。

上述したように、「石けん以外は合成界面活性剤(合成洗剤)」です。

ユーザーである皆さんの中で、成分について無頓着の人が多いからこそ、このような表記がまかり通っているわけです。
もっと消費者が賢くなれば、売る側もいい加減な表記はできないようになります。

当店と皆さんとで 嘘のない世の中へと変えていきませんか?

※ご参考に 無添加シャンプーって合成シャンプーなの?


読んでみて!店長が描いた「アミノ酸系シャンプー」について
 

魂の商材屋のトップに戻る