無添加石鹸へのこだわり > 石鹸基礎知識 > 原材料による使用感

原材料による使用感の違い

石鹸の性質は脂肪酸の種類によって異なります。例えばヤシ油などのラウリン酸を多く含む石鹸は、水に溶けやすく泡立ちが良く洗浄力がある石鹸です。

またオリーブ油などで作られたオレイン酸等を多く含んだ石鹸は、汚れを落としながらも必要な皮脂は残し、潤いを与えてくれるという特徴があります。

そのオイルに期待できる効果、保湿、出来あがる石鹸の硬さ、さらに香り等、用途、使用感などを加味しながらユーザーニーズに合う石鹸を造ります。

当店の石鹸は、オリーブ油系が圧倒的に多いですが、純粋にオリーブだけ、オリーブと月桂樹オイル、ヤシ油、オリーブとパーム、大豆、マカデミアナッツ、ア ボカドなど多種多様な石鹸をご用意してます。実際に使い比べてみると違いも分かると思います。(当店の無添加石鹸一覧


各脂肪酸を石鹸にした場合に現れる特徴


炭素数 名称 気泡力 水溶性 洗浄力 刺激性 酸敗度
C12 ラウリン酸


C14 ミリスチン酸
C16 パルミチン酸
C18 ステアリン酸
C18:1 オレイン酸
C18:2 リノール酸
C18:3 リノレン酸


代表的な油脂に含まれる脂肪酸の組成



代表的な油脂に含まれる脂肪酸の組成グラフ

魂の商材屋のトップに戻る