無添加石鹸へのこだわり > 石鹸基礎知識 > 石鹸カスは良くない?

合成界面活性剤と石鹸

石鹸カスは良くない?


結構多い質問です。

石鹸カスが肌・髪・頭皮に付着したり毛穴に入り込んだりするので石鹸は良くない→だから合成の洗顔料やシャンプーがおススメ!

驚いたことに、こんなことを言うことで石鹸を否定し、合成洗顔料等の化粧品を売る業者が少なからずあるようです。
かわいそうに、消費者はそれを真に受け、本当に石鹸は良くないと思っている方もおられるようです。

でもご心配は要りません。全く根拠はありませんので!
(※逆に合成界面活性剤&化学成分だらけの化粧品のほうを警戒すべきと思いますが・・・)


石鹸カスとは


固形石鹸や液体石鹸(ヘアシャンプーボディソープ)でも石鹸カスは出来ます。これは間違いないです。

店長は石鹸カスを以下のように考えています。

水道水に含まれるカルシウム・マグネシウムが石鹸成分と反応  ⇒  金属石鹸

金属石鹸+古い角質&肌・髪・頭皮の皮脂や汚れ  ⇒  石鹸カス

水道水に含まれるカルシウム・マグネシウムが石鹸成分(脂肪酸)と反応して金属石鹸が出来ます。
そして古い角質や汚れ等と金属石鹸が一緒になって出来たものが『石鹸カス』と呼ばれるものです。
石鹸で洗ったあと、すすぎ水の上に浮いていたり排水溝に溜まってますよね、あれがそうです。

石鹸カスは、皮膚や髪の表面にはごく微量には残りますが、水や皮脂に不溶なので皮膚浸透ぜず皮膚タンパク変性の心配ももありません。

乾くと肌・髪と同じ弱酸性に戻ります。もうその時点ではアルカリ性の「石けん」ではなくなっているわけです。しかも、微量に残った残留物は、肌に棲息する微生物が食べてくれるようです。ですから肌や髪に悪影響を及ぼす可能性は全く考えられないわけです。

石鹸だけでなく、合成界面活性剤も肌・髪・頭皮に付着します。要は、洗浄剤といわれるものはどんなにすすいでも洗浄剤は数%残留すると言われます。 キッチン用洗剤で洗った場合も同様です。合成洗剤(合成界面活性剤)で洗うと、次回その食器を使用した場合には、口から化学成分が体に入ってくるわけで す。だから成分安心の商品を使って頂きたいというのはそこに理由があるのです  ⇒ 良からぬ悪さについて

それを考えると、石鹸カス云々を論じる前に、化学成分の弊害について考えることが先。

肌・髪・頭皮に石鹸カスがたとえ残ったとしても、はるか安全レベルのお話だとは思われませんでしたか?



補足事項


水(お湯)のカルシウムやマグネシウム等のミネラル成分を除外した、もしくは元々その成分含有の少ない『軟水』なら、金属石鹸石鹸カス)はほとんどできません。リンスが不要なくらいサラっと滑らかな髪が実感できます。硬水地域のヨーロッパでは、硬水を軟水に変える軟水器は広く普及していますが日本ではまだ一般的ではないようですね。
石鹸シャンプー愛好家の方で、石鹸カスやきしみを緩和したいという方は、一般的な石鹸シャンプー用リンス(クエン酸リンス含む)ではなく、ハーバルヘアウォッシュ(8種のハーブ粉)でリンスされてみてはいかがですか?専用リンスは不要になるかも?