無添加石鹸へのこだわり > 石鹸基礎知識 > 旧指定成分とは

旧指定成分とは


化粧品などに含まれる化学薬品の中で、厚生省(当時。現:厚生労働省)が指定したアレルギー・皮膚障害・ガンを起こす可能性の高い毒性が確かめられた102の成分を「指定成分」と呼び、これらの成分を含む化粧品は表記が必須でした。2001年4月以降は、全成分表示が義務付けられたので、それらは現在は、「旧指定成分」と呼ばれています。(具体名は下記の成分リスト参照)

旧指定成分の102個は かなり強い毒性を有すると思われます。

イメージ厚生労働省による毒性実験は長くても数年以内でしか行いませんが、 我々の人生は約80年。
その間の化学物質の消費を考えるならば数年程度の実験ではとても短く、本来なら10年、20年のスパンでの実験をしないことには長期使用による毒性判定はできないはずです。
よって、この旧指定成分は強い毒性を有する最たるものと言え、それに準ずる水面下に潜む有害成分はまだまだ沢山ある!

だから、全成分表示になった今、旧指定成分以外の成分もちゃんとチェックしなければなりません。
(※化粧品だけでなく、石鹸・シャンプー・洗剤ほか商品裏ラベルの確認は必須!)

旧指定成分がが無添加というだけでは国の安全基準を満たしているというだけで、真に安全だと言うのは早計であり、大きな勘違いじゃないのかな?と弊社は考えています。

さらに注意すべき点があります。
それは、「医薬部外品」と「薬事法でキャリーオーバーの成分はその表示を省略できる」という点です。

石鹸素地に防腐剤や酸化防止剤などの添加物を隠す手法(裏技)があります。
薬事法違反ではありません。これは(一応)合法なのです。 薬事法では「化粧石けん中の配合量では効能効果を発揮しない成分(キャリーオーバー)等については、その表示を省略することができる。」とあります。だからといって、アレルギーや超敏感肌の方にとっては、極微量な農薬や添加物も非常に深刻な問題。

だからこそ作る側&売る側は、「真実のすべての成分」を表示しなければならないのです。
そして消費者は、その真実を読み解く必要があるのです 。


各々毒性もさることながら、“食べ合わせ” 同様に、成分の組み合わせによる相乗毒性もあり得るのではないでしょか。
未だに大手メーカーは、毒性があると知りながら未だ化粧品やシャンプー類にこれらの成分を使用しています。
消費者はそれを知ってか知らずか、イメージに踊らされて爆発的人気商品になっているものもあります。
メーカーにとっては知らぬが仏?・・・なのでしょうか?



旧指定成分リスト


安息香酸、安息香酸塩、安息香酸Na、安息香酸ナトリウム 防腐殺菌剤
イクタモール(イヒチオール) 収れん剤
イソプロピルメチルフェノール(シメン-5-オール) 防腐殺菌剤
ウンデシレン酸、ウンデシレン酸塩 防腐殺菌剤
ウンデシレン酸モノエタノールアミド 防腐殺菌剤
エデト酸、EDTA、エデト酸塩、EDTE-2Na、EDTE‐3Na、EDTE‐4Na 酸化防止
塩化アルキルトリメチルアンモニウム(ベヘントリモニウムクロリド) 合成界面活性剤
塩化ジステアリルジメチルアンモニウム(ジステアリルジモニウムクロリド) 合成界面活性剤
塩化ステアリルトリメチルアンモニウム(ステアルトリモニウムクロリド) 合成界面活性剤
塩化ステアリルジメチルベンジルアンモニウム(ステアラルコニウムクロリド) 合成界面活性剤
塩化セチルトリメチルアンモニウム(セトリモニウムクロリド) 合成界面活性剤
塩化セチルピリジニウム 合成界面活性剤
塩化ベンザルコニウム(ベンザルコニウムクロリド) 合成界面活性剤
塩化ラウリルトリメチルアンモニウム 合成界面活性剤
塩化リゾチーム 酵素類
塩化アルキルジアミノエチルグリシン 合成界面活性剤
塩化クロルヘキシジン 防腐殺菌剤
塩酸ジフェンヒドラミン(ジフェンヒドラミンHCI) 消炎剤
オキシベンソン 紫外線吸収剤・安定剤
オルトフェニルフェノール(フェニルフェノール) 防腐殺菌剤
カテコール 抗酸化剤
カンタリスチンキ(マメハンミョウエキス) 毛根刺激剤
グアイアズレン 紫外線吸収剤・消炎剤
グアイアズレンスルホン酸ナトリウム 消炎剤
グルコン酸クロルヘキジン 防腐殺菌剤
クレゾール 防腐殺菌剤
クロラミンT 防腐殺菌剤
クロルキシレノール 防腐殺菌剤
クロルクレゾール 防腐殺菌剤
クロロフェネシン 防腐殺菌剤
クロロブタノール 防腐殺菌剤
5-クロロ-2-メチル-4-イソチアゾリン-3-オン 殺菌防腐剤
酢酸dl−αートコフェロール(酢酸トコフェロール) 抗酸化剤
酢酸ポリオキシエチレンラノリンアルコール 合成界面活性剤
酢酸ラノリン 基剤
酢酸ラノリンアルコール 基剤
サリチル酸及びその塩類 防腐殺菌剤
サリチル酸フェニル 紫外線吸収剤
ジイソプロパノールアミン 抗酸化剤
1.3-ジメチロール-5、5-ジメチルヒダントイン 防腐剤
臭化アルキルイソキノリニウム(ラウリルイソキノリニウムブロミド) 合成界面活性剤
臭化セチルトリメチルアンモニウム 合成界面活性剤
臭化ドミフェン 合成界面活性剤、防腐剤
ショウキョウチンキ、ショウキョウエキス 発毛促進剤
ステアリルアルコール 基剤・乳化安定剤
セタノール(セチルアルコール、パルミチルアルコール) 基剤・乳化安定剤
セチル硫酸ナトリウム 合成界面活性剤
セトステアリルアルコール(セテアリルアルコール) 基剤
セラック 皮脂形成剤
ソルビン酸、ソルビン酸塩 防腐殺菌剤
チモール(2-イソプロピルメチルフェノール) 防腐殺菌剤
直鎖型アルキルベンゼスルホン酸ナトリウム 合成界面活性剤
チラム(テトラメチルチウラムジスルフィド) 防腐殺菌剤
デヒドロ酢酸およびその塩類 防腐殺菌剤
天然ゴムラテックス 基剤・接着剤
トウガラシチンキ 毛根刺激剤
dl‐α‐トコフェロール、トコフェロール 抗酸化剤
トラガント(トラガントガム) 増粘剤
トリイソプロバノールアミン 中和剤
トリエタノールアミン(TEA) 中和剤
トリクロサン(トリクロロヒドロキシジフェニルエーテル) 防腐殺菌剤
トリクロロカルバニリド(トリクロカルバン) 防腐殺菌剤
ニコチン酸ベンジル 消炎剤
ノニル酸バニリルアミド 防腐殺菌剤
パラアミノ安息香酸エステル(エチルPABA) 紫外線吸収剤
パラオキシ安息香酸エステル(パラベン) 防腐剤・酸化防止剤
パラクロルフェノール 紫外線吸収剤
パラフェノールスルホン酸亜鉛、フェノールスルホン酸亜鉛 収れん剤
ハロカルバン 防腐殺菌剤
2-(2-ヒドロキシ-5-メチルフェニル)ベンゾトリアゾール 紫外線吸収剤
ピロガロール 色剤原料、防腐殺菌剤
フェノール(石灰炭) 防腐殺菌剤
ブチルヒドロキシアニソール(BHA) 抗酸化剤
プロピレングリコール(PG) 溶剤
ヘキサクロロフェン 防腐殺菌剤
ベンジルアルコール 香料など
没食子酸プロピル 抗酸化剤
ポリエチレングリコール(PEG) 基剤
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩類(ラウレス○) 合成界面活性剤
ポリオキシエチレンラノリン 合成界面活性剤
ポリオキシエチレンラノリンアルコール 合成界面活性剤
エストラジオール、エチニルエストラジオール、エストロン、
ジエチルスチルベストロール
ホルモン
ミリスチン酸イソプロピル’(IPM,イソプロピルミリステート) 基剤
2-メチル-4-イソチアゾリン-3-オン 防腐剤
メチルレンビスウレア 防腐剤
ラウリル硫酸塩、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸、ラウリル硫酸トリエタノールアミン 合成界面活性剤
ラウロイルサルコシンナトリウム、ラウロイルサルコシン、ラウロイルサルコシン塩 合成界面活性剤
ラノリン 基剤
液状ラノリン 基剤
還元ラノリン 基剤
硬質ラノリン 基剤
ラノリンアルコール 基剤
水素添加ラノリンアルコール 基剤
ラノリン脂肪酸イソプルピル 基剤
ラノリン脂肪酸ポリエチレングリコール 基剤
レゾルシン 防腐剤
ロジン(レジン、コロホニー) 粘着剤
タール系色素(青色○号、赤色○号、黄色○号、アゾ色素、キサンチン色素など) 色素